インプラント Q&A

インプラントに限らず歯科治療には,まだまだ分からないことがいっぱいありますが,
インプラント治療は現時点で,治療として臨床で十分使用できるレベルにあります.
どんな治療についても言えることですが常に新しい技術や情報を取り入れ,
患者様の為に安全確実を心がけ日々研鑽していくことが大事と考えます.

★ ここでインプラントはできますか
極度の難症例や特殊な手術は,提携する大学病院や総合大学に依頼しますが,ほとんどの症例は対応できます.
また国内外の信頼できる学会・組織からの専門医として認定されています
★ 止血の仕方
インプラントを行う年齢の上限はありません。下限は骨の成長がほぼ完了した年齢であれば、条件さえ整えば、どなたでもインプラント治療を受けられます
1996年のスエーデンのコンセンサス会議で身長でいえば3年で0.5cm以下の成長を示すとされています。
一般に年齢でいえば18歳とか、20歳とか言われてています
人種差・男女・個人差も考えても、最低限でも結婚できる年齢以上が適応年齢ではないかと考えます

★ インプラントの形に変化はありますか
★ ★ 基本的な治療の流れ
抜けたは1本に対して必ず1本ではありません.
条件が良ければ総入れ歯を4本のインプラントで支えられます.
★ どのくらいの期間来院するのか
使用するインプラントの,種類,症例の難易度によりますが,
条件が良ければ手術当日からでもセット可能なものもあります.
即時負荷・早期負荷・など処置と部位によってリスクなど整理されています.
理想的には安静期間を置いて適切な負荷をかけるのが理想的です.
★ 仮歯はいつ入りますか
治療期間と関係します.手術当日から入れれる場合もあります.
★ 治療はどのくらいかかりますか
治療費用のページへ
★ インプラントはどれくらいもちますか
1965年に人間でインプラントを埋入された方が 2007年 お亡くなりになられたそうです. そのインプラントは,全く問題なく機能していたとの事です。
2010年時点で最も経過を追ったインプラントは最長 
42年という事になります
★ インプラントの手術は痛いですか?腫れますか?
口の中だけの局所麻酔をしてからインプラントを入れますので,ほとんど痛みは感じません.
処置時間は30分から120分です.たださい麻酔がきれて傷口の痛みが全くないわけではありません.手術の難易度にもよりますが手術後1〜2日痛みや腫れが出る場合があります.
極度に不安な方は鎮静法を行います.
★ 治療の成功率はどれくらいですか
使用しているインプラントメーカどれも90%以上の報告があります
★ インプラント成功の基準
インプラント成功基準に関するガイドライン
インプラント治療に関する国際的成功基準を時代別に示す。
NIH ハ-バード会議(1978)
・各方向に1mm以下の動揺は許容する
・エックス線学的に観察される透過像は基準にならない
・インプラントの垂直的な高さの1/3以下の骨吸収は許容する
・治療不可能な歯肉炎、炎症および感染がない・隣在歯には損傷がない・知覚異常や知覚鈍麻(脱失)がない
・75 %以上の症例が5年間機能する
Albrektssonら(1986)
・検査時に、個々の連結されていないインプラントは動揺しない
・エックス線学的にインプラント周囲に透過像を認めない
・インプラント埋人後1年以降の経年的な垂直的暫吸収は0.2mm以下である
・インプラントによる持続的および非可逆的な徴候や症状(疼痛、感染、神経麻痺、知覚異常、下顎骨損傷など)がない
・上記の条件下で、 5年成功率85%が最低の成功基準とする
現代のインプラント成功の基準 (トロント会議, 1998年)
・インプラントは,患者と歯科医師の両者が満足する機能的,審美的な上部構造をよく支持している
・インプラントに起因する痛み,不快感,知覚の変化,感染の兆候などがない
・臨床的に検査するとき,個々の連結されていないインプラントは動揺しない
・機能開始1年以降の経年的な1年ごとの垂直的曽吸収は平均0.2mm以下である
★ 保障はありますか
Straumannインプラントには10年のメーカー保障があります。
その他のメーカーでも初期のトラブルに対して保障をしているメーカーがあります。
成功の基準を満たすように最大限の努力を致します。
★ 以前の歯と同じように  噛むことはできますか
インプラントは,顎の骨としっかりとくっついて丈夫な土台となり,
ほとんど歯が有った頃と同じのものを噛むことができます.

 

 

Homeへ戻る