入れ歯 Q&A

義歯の歴史は非常に長くて,日本では江戸時代に木を削ったり象牙を
利用して歯を作っていました.
本当に今まで色んな角度から研究されほぼ,義歯としては
完成の域にあるのではないでしょうか

★ 噛めない
 カム強さを調べるガムがありますから一度調べてみてください。また噛み具合を調べる表がありますから試してください。
★ 保険でどこまでできますか
ほとんどのケースは義歯を使って食べるのには困らないものが出来上がると思います.
材料・金額に制限がありますから見栄えなど出来上がるものに限界はあります.
保険のルール上新義歯を作って6ヶ月は新たに義歯は作成できません.逆に言えば6ヶ月は使える物を最低限作りなさいよという予算でしょうか.もちろん,多くの場合はもっと使えます.入れ歯が10年も使えたと,こちらが目を丸くする時もあります.
★ 作り方にはどんな差がありますか

有名なところでは イボクラーシステム ・ DS システム ・ などがあります.

正直なところ歯牙が関係しない場合において粘膜相手の入れ歯ならば,超精密な精度は必要ないと思います.

ある一定のレベルの技術力のある技巧所は必要だと思います.
★

噛みあわせは大事ですか
2011, 2月9日 NHKの「ためしてガッテン」で入れ歯や噛み合わせの重要性が紹介されました


入れ歯を入れることで、歩けなかった人が歩けるようになったり、気力がでてきて若返った!などさまざまな方が紹介されました。

番組に出演した東北福祉大学の渡辺先生の話では
入れ歯が合わない人は3〜4回の調整が必要であり、専門の入れ歯の先生に診てもらうようにといっております。

私も噛みあわせの専門医ですが,これは正直,治る人もあり治らない人もあるといったところ.関係ある人は治りますが別に原因があれば治りません.

★ どのくらいの期間来院するのか
アゴが正常に動いて,土手に問題なければ

非常に簡単です.問題あれば大変です.
弱い力で噛みきれる特殊な歯や陶歯など,色々な工夫されたものがあります
耐久性があるので,よく噛めるのが長続きします.


★ 義歯はどれくらいもちますか

保険で使われているレジン歯は耐久性が悪いです.おおまかな調整でもすり減り方が早いのでなじんでしまいますが,このことが逆に長期に安定が悪い原因となります.
寿命はプラスチック部分の耐久性で決まります.
取り換えや交換できるものであればもっと長く持ちますが予め設計されていないと新製と変わりません.
★ 入れ歯の安定剤はどれがいいですか
★ インプラントを用いる場合何本必要ですか
安心して使用する場合 標準的なインプラントとして
上の場合,4本以上 下の場合2本以上が必要です

HOMEへ戻る