全く歯が無い所にインプラントにする

オプション


歯肉が再現されているため審美的な歯肉のラインを再現できる
インプラントの位置が分かり難く清掃が難しい
ジルコニアブリッジ、骨の吸収の大きな場合は難しい。
清掃はしやすい


可撤性とは入れ歯タイプのものです 固定性ブリッジタイプのものです






  

部分入れ歯

のケース
基本的に欠損1本に対して1本必要ですがブリッジにする事で本数を減らせます.

前歯4本欠損で2本から4本必要です.

臼歯4本欠損で2本から4本必要です.

HOMEへ戻