矯正しているのが,わからないような、方法もあります。

 

フルパッシブ矯正治療

T21・クリアスナップ等、新開発のローフリクションブラケットを用いた矯正治療システムです。具体的な特長として

1)歯の動きが速いため、従来の矯正装置より治療期間が短い。
2)非常に弱い矯正力を主体に歯の移動を行うので従来の矯正装置に比較し格段に痛みが軽減している。
3)T21では装置の形状が根本的に改良されたため、口の中で感じる違和感が少なく、歯磨きがしやすい。
4)従来の矯正装置では難しかった治療をより安全・確実に治療できる。

過去の矯正装置とは一線を画します。

ローフリクション矯正とは
非抜歯矯正
Dr. グリーンフィールドのCADテクニック

研究会の会員歴は長いですが難症例のケースは、トライはしておりません。
本来は抜歯であるケースを抜歯でやろうと思われる場合は
矯正の専門医にお任せしております。
リスクに応じて処置を提案させていただいております。

メタルブラケット矯正





独特なウィック ブラケットは必要なローテーション コントロールを調節できます
ウィック ブラケットはフォイル メッシュに鑞着した装置の安全性と

調節可能なローテーション ウィングの利便性を兼ね備えています。

矯正の種類と適切な時期


子供の矯正は、日本歯科大学の荻原和彦先生http://www.poosystem.com/ 

の指導のもと症矯正を行っております。

本に紹介されました・・小さく

   

床矯正ー上顎症例

床矯正の1症例

床矯正ー時間経過

成人の矯正は、矯正専門医の同級生  http://www.418.co.jp/sakai/  

など数名の矯正の専門医と連携をはかり治療を行っております。

 透明で目立たなく取り外しができるアクアシステムは目立たない矯正として注目を集めています.

システム開発者の米国セントルイス大学客員教授の宮島博士から直接の指導をうけ行っています


矯正 Q&A

 

TOPへ戻る