保険で認められている仮歯

テンポラリクラウン 前歯の治療において暫間的に装着されるもの
形成を算定した日から装着をするまでの期間において
1回限りで算定する。修理代は算定できない
リテイナー ブリッジの作成において支台歯の保護、歯牙の移動防止
歯周組織の保護等のために形成を算定した日から装着を
するまでに1回に限り算定する。修理代は算定できない。


一般に言われる仮歯は、多くは見た目の回復が目的です。

現実的なニーズと保険のルールにずれが生じています。

混合診療は禁止されていますから
ある程度ならばサービスとして融通して作っておりますが
原則からすれば根の治療中などは仮歯ははいりません

技術的なところになりますが、理想的な歯を入れるためには、
歯肉の状態を整えたり、神経筋機能の調和を目的として製作する
「プロビジョナルレストレーション」(略称:プロビ)と仮歯と区別して
呼ぶ場合が事がありますす。
最終的にお口の中に入る物と同じ形のプロビを入れて
歯肉や噛みあわせを調整してOKになって最終的な作成に入ります
仮歯ではそこまで時間をかけて出来ません。
時間をかけて技工士に発注をかけて製作します
その場合は1個数千円程度になります

治療の目的に合わせてしっかりと相談してください。!!



戻る